子供が歯磨き嫌がることにイライラしてしまう、怒鳴ってしまう?

本ページはプロモーションが含まれています




子供が歯磨きを嫌がって、ついイライラしてしまう気持ち、とてもよく分かります。私も同じ経験をしたことがあるので、その辛さは痛いほどです。

しかし、イライラしてしまうと、お子さんもさらに歯磨きを嫌がるようになってしまう悪循環に陥ってしまいます。そこで、子供に楽しく歯磨きを習慣化させるためのヒントをいくつかご紹介します。

1. ゲームや歌を取り入れる

歯磨きをゲームや歌にすることで、子供は楽しみながら歯磨きをすることができます。

例えば、

歯磨き粉を泡立てて、お口の中で泡アートを作る
歯磨きしながら、好きな歌を歌う
ぬいぐるみと一緒に歯磨きをする

など、子供の興味を引くような方法を試してみてください。

2. 子供の好きなキャラクターの歯ブラシや歯磨き粉を使う

子供にとって、好きなキャラクターの歯ブラシや歯磨き粉は、歯磨きを楽しい時間にしてくれるアイテムです。ドラッグストアやスーパーなどで、子供と一緒に選んでみてください。

3. 褒めることを忘れずに

子供が少しでも上手に歯磨きができたら、たくさん褒めてあげましょう。褒められることで、子供は自信を持ち、さらに歯磨きを頑張ろうという気持ちになります。

4. 毎日同じ時間に歯磨きをする

毎日同じ時間に歯磨きをすることで、子供は自然と歯磨きの習慣が身につきます。朝起きたら、夜寝る前になど、生活習慣の中に歯磨きを取り入れてみてください。

5. 無理強いしない

子供がどうしても歯磨きを嫌がる場合は、無理強いせずに時間を置いてみましょう。無理強いすると、さらに歯磨きを嫌いになってしまう可能性があります。

6. 絵本や動画を活用する

歯磨きに関する絵本や動画を見せることで、子供が歯磨きの大切さを理解することができます。図書館やインターネットで探してみてください。

7. 歯医者さんに相談する

上記の方法を試しても、子供が歯磨きを嫌がる場合は、歯医者さんに相談してみるのも良いでしょう。歯医者さんには、子供の年齢や性格に合わせたアドバイスをもらうことができます。

歯磨きを習慣化させるには、子供のペースに合わせることが大切です。焦らずに、楽しみながら歯磨きを続けられるよう、色々な方法を試してみてください。

怒鳴ってしまうと、

子供はさらに歯磨きを嫌がるようになってしまう悪循環に陥ってしまいます。

子供に楽しく歯磨きを習慣化させるためには、怒鳴るのではなく、

子供の気持ちに寄り添い、
子供のペースに合わせ、
色々な方法を試しながら、
楽しく歯磨きを習慣化させる
ことが大切です。

具体的には、

子供がなぜ歯磨きを嫌がるのかを理解しようと努める
子供に歯磨きの大切さを、無理強いせずに理解してもらう
子供と一緒に歯磨きをする
子供を褒めてあげる
歯磨きを楽しい時間にする
など、様々な方法があります。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする