メロンが苦いのはなぜ?メロンを甘くする方法

本ページはプロモーションが含まれています




1. 未熟

メロンは完熟する前に収穫すると、苦味成分であるククルビタシンが多く含まれます。ククルビタシンは、ウリ科の植物に含まれる天然成分で、苦味や辛味を感じさせます。メロンが完熟すると、ククルビタシンの量は減少し、甘味が増します。

2. 栽培環境

メロンは、日当たりと水はけの良い場所で栽培する必要があります。日当たりが悪い場所や、水はけが悪い場所で栽培されたメロンは、苦味を感じやすくなります。また、肥料過多や水不足などのストレスも、苦味成分の生成を促進します。

3. 品種

メロンには、もともと苦味を感じやすい品種もあります。これらの品種は、完熟しても多少の苦味が残る場合があります。

苦いメロンの対処法

完熟させる
メロンは完熟することで、苦味が減少し、甘味が増します。メロンが完熟しているかどうかは、以下のポイントで判断できます。

* ヘタが枯れている
* 表面に網目模様が出ている
* 叩くと、弾力のある音がする
種の周りの白い部分を食べる

メロンの種の周りの白い部分は、苦味成分が少ない部分です。苦味が気になる場合は、この部分を食べるようにしましょう。

砂糖や練乳をかける

苦味を甘味でカバーするために、砂糖や練乳をかけるのも効果的です。

メロンの苦味が非常に強い場合は、食べるのを控えた方がよい場合があります。ククルビタシンには毒性が微量にあり、大量に摂取すると腹痛や下痢などの症状を引き起こす可能性があります。

メロンを甘くする方法

栽培

日当たりと水はけの良い場所で栽培する。
適切な量の肥料を与える。
水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと行う。
摘果を行い、1つの株に実をつける数を制限する。

収穫

完熟してから収穫する。
完熟の目安は、ヘタが枯れ、表面に網目模様が出ていること。
叩くと、弾力のある音がする。

保存

冷暗所で保存する。
カットしたメロンは、ラップをかけて冷蔵庫で保存する。

追熟

固いメロンは、エチレンガスを利用して追熟させる。
りんごやバナナと一緒に紙袋に入れ、常温で保存する。

メロンを食べる前に、冷蔵庫で冷やすと甘味が引き立つ。
メロンをカットするときは、種を取り除く。
メロンに砂糖や練乳をかけると、さらに甘く美味しく食べられる。

メロンは追熟すると柔らかくなるので、食べ頃を逃さないように注意する。
カットしたメロンは、早めに食べるようにする。
ぜひ甘くて美味しいメロンを味わってください。

 




 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする