コロナ後遺症 痰が絡む咳、息苦しい いつまで続くの?

本ページはプロモーションが含まれています




コロナ後遺症による息苦しさは、人によって症状や期間が大きく異なり、一概に「いつまで続く」とは言えません。

しかし、多くの場合、数週間から

数ヶ月で徐々に改善していく傾向があります。

症状の程度と期間の目安

軽度: 息切れや動悸は軽いものの、日常生活に支障はない。数週間から数ヶ月で改善することが多い。

中等度: 日常生活に支障が出るほどの息切れや動悸がある。数ヶ月から半年で改善することが多い。

重度: 安静時でも息苦しさがあり、日常生活に大きな支障が出る。

半年以上続くこともある。

症状の改善を促す方法

呼吸リハビリ: 呼吸筋を鍛え、肺活量を増やすことで息苦しさを軽減することができます。

運動療法: 適度な運動は、体力向上や心肺機能の回復に効果があります。

薬物療法: 症状に合わせて、抗炎症薬やβ遮断薬などの薬が処方されることがあります。

心理療法: 不安やストレスは症状を悪化させるため、心理療法を受けることも有効です。

息苦しさが続く場合

症状が長引いたり、悪化したりする場合は、医療機関を受診してください。
呼吸困難、胸痛、失神などの症状がある場合は、すぐに救急車を呼んでください。

コロナ後遺症は、まだ十分に解明されていない症状です

不安やストレスは症状を悪化させるため、十分な休息と睡眠をとり、リラックスできる方法を見つけることが大切です。

 




 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする