悪口は言われたほうが勝ち!?自分の悪口が聞こえてきて辛い・・・

本ページはプロモーションが含まれています




悪口を言われることを受け入れる

悪口を言われることを受け入れることは、

悪口を言われる人になるための第一歩です。

悪口を言われることを否定したり、

気にしたりしていると、

悪口を言う人からさらに悪口を言われる可能性があります。

まずは、悪口を言われることはあるものであり、

それによって自分自身が否定されたり、価値が下がったりするわけではないということを受け入れましょう。

悪口に反応しない

悪口に反応してしまうと、悪口を言う人から

さらに悪口を言われる可能性があります。

悪口を言われたときは、

できるだけ感情的にならず、無視するか、

笑い飛ばすようにしましょう。

悪口に反応することで、悪口を言う人は

自分が相手を傷つけていることを実感し、

悪口を言うのを止めるかもしれません。

自分の価値を自分で決める

悪口を言われることで、

自分の価値が下がったように感じるかもしれません。

しかし、自分の価値は、他人がどう思うかではなく、

自分がどう思うかによって決まります。

そもそも、悪口は言ってる人のほうが負けです。

上の人はいつも言われる側の立場だからです。

賢い人は、むやみに他人の悪口を口にはしません。これは名言です。

悪口を言われたときは、自分の価値を自分で再確認しましょう。

自分の良いところや、自分が誇りに思っていることを思い出し、

自分自身を肯定するようにしましょう。

悪口を言われることを前提にして、自分の言動や行動を慎重に行う

他人の悪口を言ったり、噂話をしたりしないようにする

他人の悪口や噂話に耳を傾けないようにする

自分を肯定してくれる人や、自分を尊重してくれる人と付き合う

また、悪口を言われる原因が自分にある場合、

その原因を改善するように努めることも大切です。

例えば、自分の言動や行動が他人に迷惑をかけている場合、それを改めるようにしましょう。

悪口を言われることは、誰にでも起こりうることです。

悪口を言われることを恐れずに、自分自身を大切にしながら、日々を過ごしましょう。

感情的にならず、冷静に対処する

悪口を言われたときは、誰でも感情的になり、怒りや悲しみを感じるものです。しかし、感情的になって悪口を言う相手に反論したり、言い返したりすると、さらに悪口を言われる可能性があります。悪口を言われたときは、できるだけ感情的にならず、冷静に対処するようにしましょう。

悪口を真に受けないようにする

悪口は、悪口を言う人の心の中の不満や嫉妬などが表れているものです。悪口を真に受けてしまうと、自分の価値を下げてしまう可能性があります。悪口を言われたときは、悪口を言う人の心の内を理解しようとするのではなく、悪口を真に受けないようにしましょう。

悪口を言う人はなぜそれを日々言わなければならないのか

冷静になって考えてみると、相手は幸せな人ではないからなのだと気づきます。

よく考えれば、幸せな人は、他人のあらさがしをして楽しむことはほとんどしません。

物の考え方が偏っている人は、何事も悪く考える思考があります。

きれいな海を見て、9割の人はきれいだなと思うものですが、

たまに1割の人は、今日の海は曇っててきれいじゃない・・・

美味しい食べ物を食べて、でもこれってあんましだよね・・といちいち悪く考える人も稀にいます。

どんな物事や人でも、良いところもあれば悪いところもあるのが人間です。

良いところは見ないで、悪いところだけ、見るようにしているのがネガティブな人の性格です。

そうゆう人といても、いつも不平不満ばかりで愚痴を言い続けるのが癖になっています。

本人はそうゆうところが自分の欠点なのだということに気づいていないのでしょう。

美味しい食べ物を食べられることに対しての感謝の気持ちに欠けている人です。

悪口を言う人は、そうゆうネガティブな考え方の持ち主なんです。

悪口を言われたときは、相手の顔を見ずに、無視する

悪口を言われたときは、笑って流す

悪口を言われたときは、悪口を言う相手のことを気の毒に思う

また、悪口を言われる原因が自分にある場合、その原因を改善するように努めることも大切です。例えば、自分の言動や行動が他人に迷惑をかけている場合、それを改めるようにしましょう。

悪口を言われたときは、誰でも傷つき、落ち込むものです。

悪口を言われたことで傷つきにくくなり、

自分自身を大切にしながら、日々を過ごせるようになります。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする