別れたいと思ったら終わり?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本ページはプロモーションが含まれています




別れたいと思ったら、必ずしも終わりとは限りません。しかし、関係を続けるかどうかの重要な分岐点であることは確かです。

別れたいと少しでも思う場合は、

相手のことが本当に好きなのかわからなくなってきたり、

なんでわたしこの人と付き合ってるんだろう・・・と嫌になってきたり。

なんとなく、許せない部分がどうしてもあったり、モヤモヤとする時ですよね。

別れたいと少し思いながら、何も言わないと相手を傷つけることにもなってしまいます。

誰だって、本当に好きだと思われているわけでもないのに、

付き合い続けてはほしくはないもの。。。

付き合っている中で、ゴールインするカップルもいれば、

どうしても許せないところがあり、別れを選ぶ人もいますよね。

1. 別れたい気持ちの理由を整理する

まず、なぜ別れたいのか、その理由を明確にすることが大切です。

  • 一時的な感情なのか、長期的に抱えている問題なのか
  • 相手の言動で具体的にどのような問題があるのか
  • 改善の可能性はあるのか

これらの点を整理することで、別れたい気持ちの本質を理解することができます。

2. 一時的な感情なのか、長期的な問題なのか

もし、一時的な感情であれば、少し距離を置いて冷静になることで気持ちが変わるかもしれません。

一方、長期的な問題であれば、関係を続けるためには解決が必要です。

3. 相手の言動で具体的にどのような問題があるのか

問題点について、具体的に書き出してみましょう。

  • 相手の言動で自分がどのように傷つくのか
  • どのような関係を望むのか

具体的な問題点を把握することで、解決策を探しやすくなります。

4. 改善の可能性はあるのか

問題点を整理したら、解決の可能性について考えてみましょう。

  • 相手に問題点を伝えることで改善できる可能性があるのか
  • 自分が努力することで関係を改善できる可能性があるのか

解決の可能性がない場合は、別れを選択肢の一つとして真剣に検討する必要があります。

5. 別れたい気持ちと向き合う

上記の点を整理しても、まだ別れたい気持ちが残っている場合は、その気持ちと向き合うことが大切です。

  • なぜ別れたいのか
  • 別れた後の自分はどのように変化するのか
  • 別れた後のリスクとメリット

これらの点をじっくり考えることで、後悔のない決断をすることができます。

6. 別れを切り出す前に

別れたい気持ちを伝える前に、相手に伝えるタイミングや方法についてよく考えてみましょう。

  • 相手が落ち着いて話せる時間帯を選ぶ
  • 感情的にならずに、冷静に話す
  • 相手の気持ちにも配慮する

別れることは相手にとっても辛いことです。相手の気持ちに配慮しながら、誠意を持って伝えることが大切です。

7. 別れを選択する場合

別れを選択する場合は、円満に別れることを心がけましょう。

  • 感謝の気持ちを伝える
  • 相手の気持ちを尊重する
  • 今後の関係について話し合う

円満に別れることで、お互いにとって良い思い出として残るでしょう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする