どうしようもなく本能で遺伝子レベルで惹かれる異性とは

本ページはプロモーションが含まれています




強烈に惹かれる相手とは、その人の存在に心を奪われるような、

特別な存在です。外見や内面のいずれかに魅力を感じ、

一緒にいると幸せな気持ちになる相手です。

強烈に惹かれる相手

外見が好み
内面が魅力的
共通点が多い
自分を理解してくれる
一緒にいると楽しい

外見が好みであれば、視線が奪われ、つい見てしまうようになります。

内面が魅力的であれば、一緒にいて楽しい時間を過ごすことができ、もっと相手を知りたいと思うようになります。

共通点が多いと、会話が弾み、親近感を感じやすくなります。自分を理解してくれる相手には、安心感と信頼感を抱き、心を開きやすくなります。

一緒にいると楽しい相手であれば、一緒にいる時間が長くても苦にならない、自然と笑顔になれる相手です。

強烈に惹かれる相手は、人それぞれです。外見や内面のどちらを重視するかは、その人の価値観によって異なります。また、共通点や自分を理解してくれるかどうかも、重要な要素となります。

強烈に惹かれる相手に出会えたときは、その幸せな気持ちを大切にしましょう。また、相手を理解するために、積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

人間は、本能的に遺伝子的に優秀な相手に惹かれる傾向があります。これは、遺伝子的に優秀な相手との間に子供をつくることで、より健康で強い子孫を残すことができると考えられているためです。

具体的には、以下のようなものが本能的に惹かれる遺伝子的な特徴として挙げられます。

  • 若さ

若さは、健康や生殖能力の指標とされています。そのため、若い相手に惹かれる傾向があります。

  • 美しさ

美しさは、健康や繁栄の象徴とされています。そのため、美しい相手に惹かれる傾向があります。

  • 健康さ

健康さは、子孫を残すための重要な条件です。そのため、健康そうな相手に惹かれる傾向があります。

  • 社会的な成功

社会的な成功は、遺伝子的に優秀である可能性の指標とされています。そのため、社会的に成功している相手に惹かれる傾向があります。

もちろん、これらの特徴はあくまでも一般的な傾向であり、必ずしもすべての人が当てはまるわけではありません。また、個人の経験や価値観によっても、異性への好みは大きく異なります。

しかし、人間が本能的に遺伝子的に優秀な相手に惹かれる傾向があることは、生物学的な観点から説明できるのです。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする