溶けたチョコは食べれる?食中毒のリスク?

本ページはプロモーションが含まれています




溶けたチョコは食べることができますが、

食中毒のリスクがあります。

チョコレートは、カカオ豆から作られた食品です。

カカオ豆は、カカオポッドと呼ばれる果実の中に入っています。

カカオポッドは、熟すと割れて、カカオ豆が露出します。

カカオ豆は、収穫後、発酵、乾燥などの工程を経て、チョコレートになります。

カカオ豆には、天然の抗菌物質が含まれています。

そのため、チョコレートは、室温で保存しても、

比較的腐敗しにくい食品です。

しかし、溶けたチョコは、抗菌物質の効果が弱まります。

そのため、溶けたチョコをそのまま放置すると、

食中毒の原因となる細菌が繁殖する可能性があります。

食中毒の原因となる細菌としては、サルモネラ菌、

カンピロバクター菌、腸炎ビブリオ菌などがあります。

これらの細菌は、嘔吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こします。

溶けたチョコを食べる際には、以下のことに注意しましょう。

溶けたチョコは、できるだけ早く冷やして、常温で放置しないようにする。

冷蔵庫で保存するときは、密閉容器に入れるようにする。

冷蔵庫から取り出したときは、常温に戻してから食べる。

また、溶けたチョコを食べて、体調が悪くなった場合は、

早めに医療機関を受診するようにしましょう。

なお、チョコレートの種類によって、食中毒のリスクは異なります。

ダークチョコレートは、カカオ分が多いため、

食中毒のリスクは比較的低いと考えられます。

一方、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは、カカオ分が少ないので、食中毒のリスクは高くなります。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする