卵かけご飯の危険性がある?サルモネラ菌?

本ページはプロモーションが含まれています




卵かけご飯の危険性として、

サルモネラ菌による食中毒のリスクが挙げられます。

サルモネラ菌は、鶏の糞便などに存在する菌で、

鶏が卵を産む時に卵の殻に付着することがあります。

また、卵の内部にも侵入することがあります。

サルモネラ菌に感染すると、下痢、嘔吐、腹痛、発熱などの症状が現れます。

重症化すると、脱水症状や腎障害などの症状が出ることもあります。

卵かけご飯を安全に食べるために、以下の点に注意しましょう。

殻にヒビや汚れがついているものは使用しない。
卵を割る前に、流水で洗う。
卵を割った後は、すぐに食べる。

日本では、卵の生食を前提とした衛生管理が行われており、

サルモネラ菌による食中毒の発生は減少傾向にあります。

しかし、それでも完全にゼロになるわけではありません。

卵は、スーパーやコンビニで購入する際に、

殻にヒビや汚れがついていないものを選びましょう。

卵を割る前に、流水で洗うことで、

殻に付着したサルモネラ菌をある程度洗い流すことができます。

卵を割ったら、すぐに食べるようにしましょう。

卵を長時間放置しておくと、サルモネラ菌が増殖する可能性があります。

ご飯を温めてから卵をかけることによって、

サルモネラ菌を殺菌することができます。

また、乳幼児や高齢者、免疫力が低下している人は、卵かけご飯を控えたほうがよいでしょう。これらの人は、サルモネラ菌に感染した場合、重症化しやすい傾向にあります。

卵かけご飯は、日本の代表的な朝食メニューの一つです。しかし、サルモネラ菌による食中毒のリスクがあることを認識し、安全に食べるようにしましょう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする