同窓会欠席の返事、行きたくない人は意外に多い?近況の報告はしなくてもいい?

本ページはプロモーションが含まれています




中学や高校の同窓会、

30歳のタイミングや40歳の節目に

ハガキが届くこともありますね。

同窓会のお知らせが届くと、時の流れを感じます。

いつの間にか、自分も年をとっている。

同窓会に行くのか、行かないのかは自由です。

あまり行きたくない、乗り気にはなれない会合もありますね。

同窓会のお知らせは開催日よりも早めに届きますが、欠席する場合は早めに返信をするのがマナーです。

幹事は、数十人の人に送信しているので、

管理が大変です。

またお店を考えたり、予約したりといろいろと手間なので、

突然キャンセルされたり、急遽予定や人数が変更になると迷惑になることもありますね。

幹事と仲が良ければ、直接メッセージや会う時に

行くのか行かないのか伝えればいいものですが、特に親交がない場合は、届いたハガキを返信するのが良いですね。

欠席の場合には、早めに伝えるのがベストです。

同窓会の当日は都合が付かない場合は、往復はがき、手紙などが届いたら2日3日で返信するようにしましょう。

同窓会に出席する返事をしていたけれど、数日前に予定が出来てしまい欠席することがあります。
ドタキャンをするとキャンセル料が発生するなど、幹事に迷惑が掛かるため、早めに電話で連絡を入れましょう。
出席を予定していたのに、欠席しなければならない時は電話で伝えるのがマナーです。

同窓会を開催する直前に欠席することを伝えると、迷惑が掛かるので早めに連絡を入れましょう。
同窓会の幹事を任されている人は、時間や労力を掛けているため早めに返信する必要があります。
欠席するときは、はがきや手紙が届いたら早めに返信することが大事です。

近況をお知らせくださいと書かれていたとしても、

あまり書きたくないなら、何もなくてもOKです。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする