メティーナの口コミ、保湿効果は抜群?ニキビ跡治る期間はどのくらい?色素沈着の治し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本ページはプロモーションが含まれています




お肌のトラブル。

にきびは思春期にできやすく、
一度できたら再発しやすく治りにくい・・・

本当に厄介ですよね。

ニキビができやすい人は、
皮脂が過剰に出てしまうタイプ。

皮脂が多く出ると、毛穴も広がったり、

コメドができやすく、深刻な肌悩みとなります。

放置しておくと、シミのような色素沈着した跡もできてしまいますね。

ニキビ跡の色素沈着は消える?

ニキビ跡とは、赤いふくらみがなくなり治ったと思っても残る黒ずんだような跡のことです。残念ですが、ふくらみがなくなったと同時に何も跡が残ってないということはほぼありません。

そもそもニキビって、なぜできる?

食生活の乱れ
紫外線の影響
ストレス
洗顔後の洗い不足
脂性肌
乾燥肌

あげたらキリがない程、ニキビの原因はいろいろあります。
そして、一旦できてしまうと気になって触ってしまうのが、人の習性。触るとなかなか治らないものなんですよね。

思春期の頃って以上に過敏になり、周りの人から汚いと思われているに違いないと悲観的になって人と目を合わすのが怖くなったり。

そこで一念発起!ニキビ跡を治す為に病院に行ったり、本で調べたりしました。
私の知識に残ってることと、実体験をご紹介しますね。

ニキビ跡には何が効く?

ニキビ跡というには、いわゆる色素沈着。〝シミ〟とも同じようなことです。

もちろん、一般的なシミとメカニズムが異なったりするので治し方もそれぞれですが、共通して言えることはスキンケアだけではなく体の中からのアプローチも重要だということ。

代表的な栄養素として、私たちのl身近にある『ビタミンC』を積極的に摂ることがとても大事です。ビタミンCは、皮膚の再生には欠かせない栄養素。1日分のビタミンCを食べ物で摂ろうとするとかなりの量が必要となるので、便利なサプリメントを利用するといいです。

スキンケアでは、美白効果のあるものを使うといいでしょう。メーカーさんによって入っている美白の有効成分は異なるので、まずは自分に合うものを探すことも大事なんです。

そして、ニキビ跡には紫外線が集まってきます。
子供のころ理科の実験なんかで、鉛筆で黒くぬりつぶしたところに太陽の光を当てると煙が出てきませんでしたか?

紫外線って、濃いところには他の部分より集中して降り注いでくるのです。そうです、黒くなったニキビ跡に集中して集まってくるのです。ってことは、余計に濃くなる可能性が高いということですよね。想像しただけで恐ろしいです。

そうならないように、〝肌を守ってくれる日焼け止め〟は季節関係なくつけることがおすすめです。

以上の、中からのアプローチでビタミンCを積極的に摂ったり、美白化粧品を使ったり、一年中日焼け止めをつけたことで、私の悩みのニキビ跡はほぼわからないくらいきれいになりましたよ。

ニキビ跡の色素沈着はどのくらいで治る?

生活習慣や年齢によって個人差はありますが、肌の生まれ変わりのターンオーバーが約28日と言われています。肌の中で新しい細胞が生まれ、角層まで到達した細胞が一日一枚ずつ垢として剥がれていくシステムです。
つまり、肌の表面にあるニキビ跡の色素沈着は、早くて約一ヶ月、そこから徐々に薄くなって消えていくということになります。

メティーナは赤ニキビに悩む女性のために作られました。

薬用成分で保湿していくことで
ニキビの原因である皮脂の過剰分泌を防ぎニキビを予防していきます。

殺菌成分であるグリチルリチン酸と保湿成分のトリプルヒアルロン酸により
ニキビを徹底的に予防していきます。

女性の赤ニキビ用ジェル メティーナ


メティーナの口コミ

最初はニキビ跡がなかなかよくならなくて、ニキビケアを諦めようと思ったこともあります。でも、朝と夜に塗るだけという簡単なケアなのでそれが習慣になって続けていくうちに、少しずつ肌が自分の理想に近づいて来ました。

保湿効果があり、肌がもちもちですね。

夜に塗ると翌朝、肌がつるつるとしています。

そして、メティーナに含まれているトラネキサム酸のおかげか肌に透明感まで出てきた気がします。これからも続けて、ニキビのないお肌と透明感のある素肌を目指していきます!

メティーナを使い始めても最初はあまり肌に変化がなかったのですが、どうしても自分の肌を綺麗にして普通の子と同じ日常を送りたい。そんな強い覚悟で続けていきました。
その結果、顔がツルツルのモチモチに!あれだけ人と会う時にマスクがないとパニックになっていたわたしが今では、モチ肌をみせたくて人前でマスクを取りたいって思うようになってます。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする