寝ている時にびくっとなる 原因

本ページはプロモーションが含まれています




寝ている時にびくっとなる原因はいくつか考えられます。

  • 入眠時ミオクローヌス

うとうとしている時に突然ビクッとして目が覚める現象です。脳が誤作動を起こし、筋肉が一瞬だけ収縮することで起こると考えられています。多くの人が経験するもので、問題ないとされています。

  • 周期性四肢運動障害

睡眠中に手足がピクピク動いたり、跳ねたりする症状です。睡眠の質を低下させるため、治療が必要になる場合があります。

  • レストレスレッグス症候群

脚にむずむず感や痛みを感じ、動かさずにいられない症状です。睡眠中に症状が現れることもあり、びくっとなる原因となることがあります。

  • 睡眠中の不快感

寝具や室温、光など、睡眠環境が不快だと、

体が自然に反応してビクッとなることがあります。

  • ストレス

ストレスが溜まっていると、睡眠中に体が緊張状態になり、

びくっとなることがあります。

その他の原因

  • カフェインやアルコールの摂取
  • 寝不足
  • 運動不足
  • 疲労
  • 某些疾病

対策

  • 規則正しい生活習慣を心がける
  • 寝る前のカフェインやアルコールを控える
  • 適度な運動をする
  • 寝室の環境を整える
  • ストレスを解消する

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする