言葉のいじめは中学生もある、学校が対応しない問題、大人になってもフラッシュバックする問題

本ページはプロモーションが含まれています




いじめ問題は社会問題です。

昔から言われていた。

校長も話していました。

いじめをしてはいけない。

人として最低だ。

自分がされて嫌なことはしないこと

そう校長からも話があったはず。

でも、残念ながら学校ではいじめがある。

悪口を言う。

仲間外れにする。

大人数で疎外する

明らかに嫌がらせをする

嫌いだと伝える

いじめというのは定義があるわけではないけど

いじめられている側が嫌だな

この人嫌だなと思うことがあるなら

それはいじめに当てはまる。

学校での嫌がらせ

私の学生時代では、

男子が女子に走ってぶつかる

ランドセルを蹴る

くつを隠す

学校の帽子を捨てる

物を隠す

心理的には、お前学校来るなよ

ばい菌

汚い

というような言葉でのいじめがあった。

そうゆう行為があれば、確実に大人に言うべきです。

子供同士で何かを話しても意味がない。

子供は子供だからです。

何も解決しないし、正しい考えを持たない人が多い。

とりあえず、子供の中の力が強いもの

逆らえないもの、ボスのような存在に従う

という傾向があるからです。

学校で何もしてないのに男子に悪口言われる時には

学生の時は、男子に悪口を言われることがありますよね。

男子といっても、全員が言うわけでもないとは思いますが、

ボス的な存在や、クラスの中でも目立ちたい人。

中学生くらいだと、女子について、容姿のことを言ったりする人もいますよね。

なにも悪いことをしていないのに、悪く言われたり、他の女子と差別されたら、嫌な気持ちになります。

ただ、そうゆう相手を変えることって出来ないんですよね。

きっとまだまだ未熟なのでしょう。

大人になれば、心では思うことがあっても、相手に伝えてはいけないこと。

口には出さないほうが賢いことを後々知ることになります。

学生時代は、どうしても、色々なタイプの人がいるので、

傷つくこともありますよね。

いじめられている

学校に行きたくないということなら、

まずは学校に行きたくない

ということを先生や親、誰かに伝えよう。

たった一人でもいい。

たったひとりでいいから、誰かに相談しよう。

自分の気持ちを伝えよう。

辛いんだってことを。

いじめっ子にやめて、嫌な気持ちになる

と伝えるのが一番いい。

そして、反論するのも良い。

ある芸能人がいじめに遭った時、

ヌンチャクで仕返ししたという話を聴いた。

今は、心理学や自己啓発で有名なあの人も

武器で仕返ししたらしい。

そういったことで、いじめの被害はなくなったようです。

やはり、やり返してこなさそうと思われると、

いじめの被害に遭いやすいので、

とにかく嫌な気持ちになった時には、とりあえずやり返そう。

いじめっ子がされて一番嫌なこと。

それはおそらく、いじめをしていると

いじめっ子自身の両親や兄弟、祖父母に伝わることだ。

可愛がっている存在が、学校で誰かをいじめてるなんて

知ったら、正直恥だと思う。

いじめをするなんて、恥ずかしい行為なのだ。

もし、学校の先生が対応してくれないなら、

親やいじめっ子の親、また、警察にも言うべきです。

誰かに言うことで、

「アイツチクった」

「仕返ししてやろう」と脅してくるのが、いじめっ子です。

本当に嫌なタイプの人間ですが、

嫌なことをされたらあなたは悪くない。

戦いましょう。

いじめは、人間として、最低なことをしているということ。

それは、どんなに学業の成績が良くても、

人としてのレベルが低いという証拠なのです。

いじめられたら、まずはいじめっ子の両親にそれがわかるように

行動しよう。勇気を出して。

あなたの味方はたくさんいるはず。

だから大丈夫。

https://clover-sky.site/archives/390

 




 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする