自分の不甲斐なさに落ち込む、できない自分が辛い・・

本ページはプロモーションが含まれています




できない自分に落ち込んでしまう気持ち、とてもよくわかります。誰でもできないことはありますし、むしろできないことの方が多かったりします。

しかし、できないことにばかり目を向けてしまうと、ネガティブな気持ちに陥ってしまい、さらに何もできなくなってしまう悪循環に陥ってしまうことがあります。

まずは、「できない」という事実を受け入れることが大切です。できないことを無理にできるようとするのではなく、「今はできない」と認めて、そこからどうしていくかを考えるようにしましょう。

次に、「できること」に目を向けてみましょう。どんな小さなことでも構いませんので、自分ができることを書き出してみてください。そして、できていることを自分自身で認め、褒めてあげましょう。

できないことに落ち込んでしまったときは、視点を変えてみることも有効です。例えば、できないことを他人と比べるのではなく、過去の自分と比べるようにしてみましょう。過去の自分よりも少しでもできていれば、それは立派な成長です。

また、自分を支えてくれる人に話を聞いてもらうのも効果的です。家族や友人、カウンセラーなど、信頼できる人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることがあります。

どんな人でもできないことはあります。

大切なのは、できないことにばかり目を向けるのではなく、

できることに目を向け、自分自身を認めてあげることです。

あなたは一人ではありません。

周りの人に助けを求めながら、自分なりのペースで成長していきましょう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする