毎日、寝ている時にふくらはぎがつる・・・こむら返り

本ページはプロモーションが含まれています




寝ている時にふくらはぎがつる、いわゆる「こむら返り」は、多くの人が経験する不快な症状ですよね。突然の激しい痛みで目が覚め、しばらくの間動けなくなることもあります。

原因

  • 冷え: 冬場など室温が低く、足元が冷えると血流が悪くなり、筋肉が緊張しやすくなります。
  • 水分不足: 汗をかいたり、水分摂取が不足すると、体内の電解質バランスが崩れ、筋肉がつりやすくなります。
  • 筋肉疲労: 運動不足や運動後のケア不足で、筋肉が疲労していると、つりやすくなります。
  • 栄養不足: カルシウムやマグネシウムなどのミネラル不足も、こむら返りの原因となります。
  • 病気が原因: 糖尿病や甲状腺機能亢進症などの病気によって、こむら返りが起こることもあります。

対処法

  • 痛みを感じたら:
    • つま先を手でつかんで体に引き寄せるように、または近くの壁があれば、足の裏で壁を押すようにしてひざの裏を伸ばしていきます。
    • 痛みがおさまるまで、ゆっくりと続けてください。
    • 温めたタオルや湯たんぽでふくらはぎを温めるのも効果的です。
  • 予防策:
    • 寝る前に足湯やストレッチをして、ふくらはぎの筋肉をほぐす。
    • 寝室の温度を適度に保つ。
    • 水分補給をこまめに行う。
    • カルシウムやマグネシウムなど、筋肉の健康に必要な栄養素を積極的に摂る。
    • 運動不足を解消し、適度な運動をする。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする