親戚と話すことがない、関わりたくない、親戚付き合いが苦手に感じる理由

本ページはプロモーションが含まれています




親戚と関わりたくない理由は、人によってさまざまです。

親戚とは仲が良ければそのほうが確実にいいですが、
どうしても合わない、あまり親しくはない、という場合もありますね。

親戚と言えど、人間関係です。

嫌いと思っていれば、相手からも苦手に思われます。

親戚といっても、全然会わないと身内感はなく他人みたいになってきてしまうのは
仕方ないですね・・・

価値観や考え方が合わない

親戚と価値観や考え方が合わないと、会話が弾まず、ストレスを感じてしまいます。例えば、政治や宗教、子育てなど、意見が対立するような話題になると、会話が険悪な雰囲気になってしまうこともあるでしょう。

過去のトラウマがある

親戚との間で、過去にトラウマになるような経験をしたことがある場合、関わりたくないと思うのは自然なことです。例えば、いじめや虐待、親の離婚など、親戚によって傷つけられてしまった経験がある場合、その親戚と関わることで、また傷つけられるのではないかと恐れてしまうのです。

付き合いが面倒だ

親戚との付き合いが面倒だと感じる人もいます。例えば、親戚の集まりや冠婚葬祭への参加など、親戚付き合いのために費やす時間や労力に、負担を感じてしまうこともあるでしょう。

自分の人生を生きたい

親戚の期待や干渉に縛られたくないという人もいます。例えば、親戚から結婚や就職など、自分の人生に口出しされたくないと感じている人もいるでしょう。

親戚と話すことがない理由

そもそも仲良くない

親戚とはあまり顔を合わせる機会が少なく、お互いの性格や趣味など、相手のことをよく知らないため、話題に困ってしまうというケースです。

話が合わない

親戚と話しても、自分の興味や関心と合わない話題ばかりで、会話が弾まないというケースです。

気を使う・緊張する

親戚は血がつながっている関係性であるため、失礼なことを言ってしまわないか、嫌われたりしないかと気を使って、会話がうまくできないというケースです。

親戚と話すことがないことに、何かしらの悩みや不安を感じている場合は、以下のような方法を試してみるとよいでしょう。

事前に話題を準備する

親戚と話す機会がある場合は、事前に話題をいくつか準備しておくと、会話がスムーズに進みやすくなります。例えば、最近のニュースや話題のドラマ、趣味や仕事など、共通の話題を探してみましょう。

相手のことを知る努力をする

親戚と話す機会があれば、相手のことを知る努力をすることも大切です。例えば、相手の仕事や趣味、家族構成など、簡単な質問から始めて、相手のことをもっとよく知るようにしましょう。

自分から積極的に話しかける

親戚と話す機会があれば、自分から積極的に話しかけるようにしましょう。例えば、相手の仕事や趣味について質問したり、自分の近況を話したりすることで、会話を広げることができます。

もちろん、親戚と話すことが苦手な場合は、無理に話さなくても構いません。しかし、親戚との関係を良好に保つためには、少しずつでもコミュニケーションをとるように心がけることが大切です。

親戚と関わりたくない場合は、無理に付き合う必要はありません。しかし、親戚との関係を良好に保つためには、ある程度のコミュニケーションは必要です。

例えば、親戚の集まりや冠婚葬祭には、体調や仕事の都合が許す限り、出席するようにしましょう。また、親戚と連絡を取り合う機会を定期的に設けることも大切です。

親戚との関係は、自分次第でいくらでも変えることができます。少しずつでもコミュニケーションをとるように心がけることで、親戚との関係を良好に保つことができるでしょう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする