神社のお守りの期限はある?古いお守りを持ち続ける?

本ページはプロモーションが含まれています




1. お守りの有効期限

一般的には、お守りの有効期限は1年と言われています。これは、神道の「常若(とこわか)」という考え方、つまり常に新しく若々しい状態を保ちたいという考えに基づいています。そのため、1年を目安に、お守りを受けた神社仏閣に返納するのがおすすめです。

2. 願いが叶った場合

願いが叶った場合は、お守りの役目は完了したと考えられます。感謝の気持ちを込めて、早めに返納しましょう。

3. どうしても持ち続けたい場合

清潔な場所に保管する
定期的に感謝の気持ちを捧げる
1年に1回程度、お守りを受けた神社仏閣にお参りし、お清めをする

4. 返納方法

お守りの返納方法は、お守りを受けた神社仏閣によって異なる場合があります。

お守り専用の回収箱に投函する
授与所で直接返納する
郵送で返納する

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする