食べても食べてもお腹いっぱいにならない?

本ページはプロモーションが含まれています




食べても食べてもお腹いっぱいにならない場合、

甲状腺機能亢進症

糖尿病

胃腸の病気(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、機能性ディスペプシアなど)
精神疾患(うつ病、不安障害など)

生活習慣や精神的要因による場合

睡眠時間を7時間以上確保する
ストレスを適切に発散する
ゆっくりと時間をかけて食事を食べる
水分をこまめに摂取する
糖分の取りすぎを控える
バランスの良い食事を心がける

これらの対処法を試しても改善しない場合は、病気の可能性も考えられます。特に、甲状腺機能亢進症や糖尿病などの内分泌系の病気は、食欲亢進を伴うことがあるため、注意が必要です。また、胃腸の病気や精神疾患の場合も、食欲に影響を与える可能性があります。

もし、食べてもお腹いっぱいにならないという症状が続く場合は、医療機関を受診して原因を調べてもらいましょう。

なお、妊娠中や生理前は、女性ホルモンの変化によって食欲が増加することがあります。そのため、これらの時期に食べてもお腹いっぱいにならないという場合は、特に心配する必要はありません。

また、年齢を重ねると、胃腸の働きが低下するため、

満腹感が得にくくなることがあります。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする