コロナ後遺症、喉に痰が張り付く感じが治らない

本ページはプロモーションが含まれています




新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症として、喉に痰が張り付く感じが続くことがあります。これは、COVID-19の感染によって、気道や肺に炎症が起こり、粘膜が損傷したり、免疫反応によって痰が過剰に分泌されたりすることが原因と考えられています。

この症状は、COVID-19の感染から数週間から数か月間続くことがあります。また、症状の程度は、軽度から重度までさまざまです。

喉に痰が張り付く感じを軽減するためには

十分な水分補給
のど飴やトローチの使用
湿度を高める
咳止め薬の使用

コロナで咳が止まらないのは、とても辛いことです。咳は、痰を排出したり、気道を掃除したりするために必要な反応ですが、長引くと、睡眠の妨げになったり、日常生活に支障をきたしたりします。

咳が止まらない原因は、大きく分けて2つあります。

1つは、まだ感染が治っていないために、咳を引き起こすウイルスや細菌が体内に残っている場合です。この場合は、抗ウイルス薬や抗菌薬を服用することで、咳を抑えることができます。

もう1つは、感染が治った後も、咳を引き起こす後遺症が残っている場合です。この場合は、咳止め薬や気管支拡張薬などの薬を服用することで、咳を抑えることができます。

抗生剤の投与
ステロイド薬の投与
気管支拡張薬の投与
気管支洗浄

喉に痰が張り付く感じは、コロナ後遺症の代表的な症状のひとつです。症状が続く場合は、無理をせず、早めに医療機関を受診しましょう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする