ノートパソコンが壊れる前兆は?

本ページはプロモーションが含まれています




パソコンて急に壊れることもあるんですよね。

いきなり電源がつかないと困ります。

ノートパソコンが壊れる前兆はいろいろありますね。

私がPCが不調だなと思ったときは、

ものすごい音が鳴る・・・

それからネットのつながりが悪い

ユーチューブ動画などを見ていたら、すぐに消えてしまう
接続ができない・・・など不調となる前兆はかなりありました。

大事なデータが消えるのは怖いので
バックアップはしておきたいですね。

1. 動作が遅い・重い

パソコンの動作が遅くなったり、重くなったりする場合は、ハードディスクやメモリの劣化が原因である可能性があります。また、OSやアプリケーションの不具合が原因の場合もあります。

2. 勝手に再起動・シャットダウンする

勝手に再起動したりシャットダウンしたりする場合は、ハードディスクやメモリの故障、電源ユニットの故障、熱暴走などが原因である可能性があります。

3. 本体が異常に熱い

本体が異常に熱い場合は、熱暴走が原因である可能性があります。熱暴走を起こすと、パソコンの動作が不安定になったり、故障したりする可能性があります。

4. 異音・異臭がする

異音や異臭がする場合は、ファンの故障、電源ユニットの故障、ハードディスクの故障などが原因である可能性があります。

5. 充電がすぐ切れる・充電できない

充電がすぐ切れたり、充電ができなくなったりする場合は、バッテリーの劣化が原因である可能性があります。

6. 画面に異常がある

画面に異常がある場合は、液晶パネルの故障、グラフィックボードの故障などが原因である可能性があります。

これらの症状が見られたら、パソコンの寿命が近づいている可能性があります。早めに修理または交換を検討しましょう。

また、パソコンの寿命を延ばすためには、以下のようなことに注意しましょう。

定期的にメンテナンスを行う
パソコンを熱から守る
パソコンを落下させない
パソコンを過負荷で使用しない

パソコンの寿命は、一般的に5年程度と言われています。しかし、適切なメンテナンスを行えば、10年以上使用することも可能です。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする