人を傷つけたら自分に返ってくる?恋愛の因果応報は必ずある?

本ページはプロモーションが含まれています




人を傷つけたら自分に返ってくるという考え方は、古くからあるものです。

仏教では、因果応報という言葉で表され、善い行いは善い結果をもたらし、
悪い行いは悪い結果をもたらすという考え方があります。

また、西洋の思想においても、カルマの法則と呼ばれる、善悪の行為に応じて報いを受けるという考え方があります。

恋愛においても、この考え方は当てはまると言えるでしょう。

人を傷つけるような言動をすれば、相手から同じように傷つけられる可能性があります。

また、相手を傷つけることで、自分自身も心を傷つけてしまうことになります。

例えば、浮気や不倫をすれば、相手を裏切ったことで、相手から信頼を失うことになります。

お金持ちでもてる男性に多いものですが、
美人な奥さんがいても、外で浮気をする人もまれにいます。

配偶者に隠れて浮気をして遊んでいたとしても、そのうち浮気相手からの情報で
奥さんにもばれたりします。

そうすると、そこではじめて浮気されていたことを知った奥さんは
もちろんショックを受けるとともに悲しい気持ちになりますね。

奥さんからの信用をなくし、あきれ果て、
そのうち奥さんの気持ちも冷めて離婚届けをつきつけられる場合もあります。

また、慰謝料の請求がくるのでタダではすまないですね。

浮気心から大切なものや社会的な信用を失うのはよくあることです。

また、自分自身も罪悪感や後悔にさいなまれることになります。

また、暴力やDVをすれば、相手を傷つけるだけでなく、自分自身も感情的に不安定になり、
暴力やDVに手を染めてしまう可能性が高くなります。

もちろん、人を傷つけたからといって、必ずしも自分に返ってくるとは限りません。

しかし、人を傷つける行為は、自分自身にもマイナスの影響を及ぼす可能性があるということを知っておくことは大切です。

ただタイムラグを経て、いずれはなにかの形でかえってくると言われています。

学校でのいじめなども、なにかのタイミングでやはり
悪いことが返るものなので他人を故意にいじめたり
いやな思いをさせて苦しめることはしないようにしたほうがいいです。

学校でのいじめは、よく加害者が言うことは、
いじめることが楽しかった、という話です。

やっているほうは楽しくても、
いじめに遭っているほうは、今日明日この世から去ろうか考えるようなトラウマを抱えます。

つらいことがあると、人間関係や恋愛に関しても臆病になってしまうこともあります。

人にいやな思いをさせることは、大きな罪です。

人間関係や恋愛においては、相手を思いやる気持ちが大切です。

 




 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする