眠れない時は辛い・夜寝る前は良いことをイメージング

本ページはプロモーションが含まれています




ベッドに入り、すぐに眠ることができれば

嬉しいのですが、なかなか眠れない時があります。

不安な気持ちがあると、つい考え事をしてしまう。

悩みたくないけど、考えこんでしまう。

それが人なのかもしれません。

良いことを考える

ついネガティブな思考をしてしまうこともあるけれど、

なるべく良いことを考えていたほうが良いですね。

前向きに「なんとかなる」

「大丈夫」「今日も良いことあったなぁ」

と良いことリストを振り返ると、良い気持ちで眠れます。

イメージング

眠る前には、良いことをイメージ、

妄想したほうが楽しくて良いです。

こうなったら嫌だなと思うことではなくて、

こうなってほしいなぁ。

こうなったらわくわくするなぁ

と良いことをイメージングしながら眠りに入りましょう。

睡眠の妨げとなるもの

眠れない原因の一つとして

寝る前にコーヒーや紅茶を飲んでしまうという方もいます。

カフェインは、目が覚めてしまうので

できれば夕方以降は飲まないほうが良いです。



眠る前にスマートフォン、PCを見ていると

ブルーライトの影響で眠れなくなってしまいます。

眠る1時間前には、PCやスマホはやめて寝る準備をすることが大切です。

寝る前は、軽い運動や瞑想が良いですね。

瞑想音楽を聴きながら、ぼーっとして何も考えずに

いると自然と眠くなってきます。

瞑想音楽を流しながら、そのまま寝てしまった経験が何度かあります。

音楽がゆったりしているので、すごく眠くなるんですよね。

 




 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする